ケータイ辞書JLogosロゴ 佐方村(近世)


愛媛県>菊間町

 江戸期〜明治22年の村名。野間郡のうち。松山藩領。村高は,「慶安郷村数帳」では646石余,うち田475石余・畑171石余,「元禄村浦記」646石余,「天保郷帳」660石余,「旧高旧領」669石余。「野間郡手鑑」によれば,元文年間の田51町余・畑36町,新田畑1町余,家数174軒,うち本門111軒・無給門29軒・猟師分34軒,人口931。嘉永3年の家数270軒・人口1,103,免8.8,小物成は御林運上250匁・入木銀195匁・山札銀77匁・塩札2枚銀6匁・御上苧3貫300匁など。庄屋は村上家で,天明9年,寛政2年に大庄屋を勤めている。なお当村は安永7年に別府村(大西町)庄屋,明治初年には新町村(現大西町)大庄屋井手左太郎の預りとなっている。漁業は慶長5年に大島金兵衛・伝兵衛らが佐方浜の窪で開始したといわれ,やがて大島彦次郎が手繰網を発明したと伝えるが,幕末には衰微。神社は賀茂別雷神社・亀山八幡神社。賀茂別雷神社は京都の上賀茂社から分祀し,諸神事も上賀茂社に準じる。亀山八幡神社は戦国期に村上水軍やその配下の稲井・長野・柚山・波頭氏らにより奉斎された古社で,天正14年来島通総から社領5反余を寄進された。寺院は村上一族の菩提寺で,歴代の位牌や墓石を安置する長本寺。明治初年,漁業権の課税が支払えず,代納を条件に専用漁場の種前漁場に小部村(波方町)の漁民の入会を認めている。同6年愛媛県に所属。「野間郡地誌」によれば戸数280・人口1,120。同7年種【たね】村と共同で,当村に佐方学校開設。同22年亀岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7432017
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ