ケータイ辞書JLogosロゴ 佐島(古代)


愛媛県>弓削町

 平安期に見える地名。越智【おち】郡のうち。保元3年12月3日の「石清水八幡宮并宿院極楽寺」に下した官宣旨(石清水八幡宮文書/平遺2959)には,「応永停止宮寺并極楽寺庄園領家預所下司公文等」として,宮寺領(石清水八幡宮領)の伊予国荘園の1つに佐島を記している。佐島全体が荘園となっていたと思われるが,その後の情況については不明。なお鎌倉末期と推定される年代未詳の3月20日の法印円仲挙状案(東寺百合文書/日本塩業大系史料編1)に浅海治部左衛門尉通とともに弓削島荘で悪行狼藉をはたらいた「佐嶋弥三郎」の名が見える。鎌倉期当島の名を冠する在地領主が存在している。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7432040
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ