ケータイ辞書JLogosロゴ 佐島村(近世)


愛媛県>弓削町

 江戸期〜明治22年の村名。越智郡のうち。今治【いまばり】藩領。村高は「慶安郷村数帳」では93石余,うち田48石余・畑44石余,「元禄村浦記」93石余,「天保郷帳」263石余,「旧高旧領」268石余。寛永13年の「検地帳」では田8町余・畑12町余,山畑7町余。慶安元年の人口87。貞享元年の家数82軒,うち本家49軒,人口280。開発は元禄年間以降島の北部から順次南部に向かって進められ,享保10年には下弓削村の庄屋嘉平太らが沖浦などで田4反6畝を開発している。元禄5年は3町8反余,天保11年には東風浜・宮ノ浦などで2町7反,明治2年1町1反などと開発が進み,明治12年の「地価一筆限帳」では田9町5反・畑71町余と見える。当村は,弓削島同様古くから製塩の歴史をもち,江戸期も続けられたが,元禄6年には,延宝9年来の飢饉による藩の政策か,塩田を水田に転換している。また享保15年頃にも塩田9反余を居屋敷に転換している。庄屋は田中・左高両家の交代,一時期は下弓削村の菅家の兼帯もあったらしい。当村の船大工は江戸末期に鵜島・彦島などに移り,伊予の船匠として名高い。神社は佐島八幡社,同社は慶長3年の再建で,境内には享保19年神幸丸奉納の灯籠があり,拝殿には三十六歌仙の絵馬がある。寺院は西方寺,同寺は下弓削村の自性寺の末で,鵜島村の檀那寺。寛永年間に移転されたと伝える。明治初期西方寺を借用し研精小学校開設,同13年の男子生徒数25。明治4年の戸数147・人口601。同6年愛媛県に所属。同22年弓削村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7432041
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ