ケータイ辞書JLogosロゴ 島尻(中世)


愛媛県>弓削町

鎌倉期から見える地名越智【おち】郡のうち弓削島【ゆげしま】荘のうちに所属する同荘の文治五年作畠検注取帳(東寺百合文書よ/日本塩業大系古代中世1)には宗貞名内に「シマシリ一所二反」,包末名内に「シマシリ 一所 一反小 末守 同 一所半」,為弘名内に「シマシリ寺カキウチ 一所 一反小」,末久名内に「一所 シマシリ大三郎丸 一所 シマシリ 二反半 末守 一所 シマシリ 二反半 依正 シマシリ 一所 大国守」とあり,島尻の地は各名に分割されている乾元2年正月18日,同荘は領家3分の2,地頭方3分の1に下地中分されるが,その際に作成された和与状(東寺百合文書ま/日本塩業大系古代中世1)には,「一網場参箇所内,壱所嶋尻者,壱円可預所分」と記され,島尻が領家分に属しており,網場(漁場)があったことが知られるまた,この頃に作成されたと考えられる領家・地頭相分絵図(東寺百合文書と/日本塩業大系古代中世1)には鯨方の一部としての網場島尻が記されている応長元年7月,弓削島荘田畠・山林・塩浜以下相分帳(同前)によると島尻は為弘・惣蓮・助安らの所有畑・山林に付随して数多くの塩浜が存在する現在の弓削町内弓削島北端部の地に比定される地名の由来は,島の突端に位置するところからきたものであろう
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7432133
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ