ケータイ辞書JLogosロゴ 下弓削村(近世)


愛媛県>弓削町

 江戸期〜明治22年の村名。越智【おち】郡のうち。今治【いまばり】藩領。寛永年間弓削島村が上弓削村・下弓削村に分村して成立。村高は「旧高旧領」491石余。なお「慶安郷村数帳」では上弓削村とともに弓削島,「元禄村浦記」「天保郷帳」では上弓削村とともに弓削村と見え,「慶安郷村数帳」320石余,うち田87石余・畑232石余,「元禄村浦記」320石余。「天保郷帳」948石余。寛永13年の「検地帳」および「野取帳」では下串村と見え,田5町9反・畑38町余,山畑16町余,塩浜4反。貞享元年の「藩調書」では村高415石余,田3町余・畑50町余,家数206軒,うち本家98軒・寺6軒,人口611。庄屋は半兵衛で太田に喜兵衛,明神に庄右衛門など主要集落ごとに計6人の組頭がいた。開発は,元禄5年松ケ鼻・はさまなど3町9反余,翌6年1町2反,明治2年山神・荒田など1町3反余と進み,明治4年では本田畑53町余・新田畑16町。寛延元年の「屋敷新畑改」では本村36軒・土生【はぶ】浦23軒・太田浦24軒。庄屋は上弓削村の庄屋田頭家の分家重兵衛が,村井姓を名乗って慶長17年初代庄屋となり,以後世襲。5代嘉平太は藩に多額の寄付をして寛保元年伯方【はかた】上島の大庄屋となり,郷方五人衆として勢力を振るった。宝永元年以後当地方は災害が続き,同5年正月,土生の百姓五郎右衛門ら15名が庄屋嘉平太に年貢減免を要求,強訴とみた藩は取調べの結果,追放・免職など比較的軽い処分で済ませた。しかしその年もまた暴風雨で凶作となり,11月には百姓30名が連判で再び庄屋に陳情した。しかし今回は首謀者庄右衛門・長太郎ら4名は息子とともに斬首,8名は妻子とともに追放という厳罰となり,後世これを土生の義民騒動と呼んでいる。村内の北部大山では良質の石灰岩を産し,寛政期から島内用に焼成していたが,その後需要がふえた。神社は弓削神社,同社の境内は約7,000坪。寺院は臨済宗自性寺・潮音寺・惣観寺・定光寺。定光寺の境内の観音堂は室町末期の建立。明治4年の戸数437・人口1,933。同6年愛媛県に所属。同8年魚島村を合併,同12年分離。同9年文雄小学校開設。当村は海運が盛んで,明治13年には商船28・艀船22・網船2・漁船75・免税船10の計137隻の船を有している。同年には石灰13万貫を産し(越智郡地誌),県外にも移出している。同22年弓削村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7432192
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ