ケータイ辞書JLogosロゴ 須之川村(近世)


愛媛県>内海村

 江戸期〜明治22年の村名。宇和郡のうち。宇和島藩領。御荘【みしよう】組・松之荘に所属。村高は天正検地では64石余,「慶安郷村数帳」では64石余,うち田59石余・畑4石余,「元禄村浦記」「天保郷帳」ともに64石余,「旧高旧領」では見えず。寛文年間の「西海巡見志」によれば須之川浦とあり,「片岸,高六十四石」で,家数7軒,船と加子は内海浦の枝浦であった家串浦のうちに含まれるとある。「墅截」では「村柄は下々,田畑とも下々,水掛りは吉」とあり,本百姓4。「大成郡録」では家数11軒・人口68,池1。宝永年間の神社ははいたか神社,宝暦年間では若宮社・弁天社・荒神社の3社。小物成は真綿・麻苧・漆・漆実など。庄屋は内海浦の庄屋実藤家が兼務。弘化3年の「御荘組四色小物成九色小役其外共割附牒」によれば高98石余,家数36軒。明治6年愛媛県,同11年南宇和郡に所属。同22年内海村大字内海の字名となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7432319
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ