ケータイ辞書JLogosロゴ 釣浜(中世)


愛媛県>弓削町

鎌倉期に見える地名越智【おち】郡のうち弓削島【ゆげしま】荘の文治五年作畠検注取帳(東寺百合文書よ/日本塩業大系古代中世1)によると当荘の名は散在名であることがわかるが,百姓名22名のうちの助成名の一部が「一所 ツイハマ 二反 包正」に,地頭名の末久名の一部が「一所 ツリハマ 一反 末久 一所 ツリハマ 半 是近」に存在したことがわかる乾元2年1月18日の弓削島荘領家・地頭和与状(東寺百合文書ま/日本塩業大系古代中世1)のうちに,「一,網場参箇所内,……壱所釣浜浦者,壱円可為地頭分」とあり,釣浜浦は漁場であり,地頭の進止下に置かれたことがわかる応長元年7月作成の弓削島荘田畠・山林・塩浜以下相分帳(東寺百合文書と/日本塩業大系古代中世1)は地頭分について記されているが,そのうち田地分に「清左近,ツリハマ,八十歩付北」,畑地分に「助成,四反小廿歩付南,ヲキトモ山三分一付北,ツリハマ同(塩)穴七一分」などと見えるまた当荘を領家・地頭間で3分の2と3分の1に相分した際に作成された相分絵図(同前)によると,「釣浜 網庭,地頭分」と記載されるその位置は島の北部3分1を占める鯨方の北端である現在の弓削島北端馬立ノ鼻の東岸付近に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7432624
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ