ケータイ辞書JLogosロゴ 西部(中世)


愛媛県>岩城村

室町期ごろに見える地名越智【おち】郡のうち年未詳の後闕文書である伊予国岩城島小泉一方分等天役浜数注文(極楽寺文書/広島県史資料編古代中世4)に西部の地名が見える当文書は「平松ノ浦 岩城嶋 小泉一方分天役浜数の事」として10の名【みよう】や寺領を挙げ,さらに「并西部一松の分 名田光利名内 はま 三ツ,名田国宗名内 はま 二ツ,散田公文名内 はま 一ツ代弐百文,一松 はま 二ツ半代弐百五十文」と見える西部は現在の字西部に比定されると考えられ,浜が名田内に編入され塩田として利用されていたものであろう
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7433024
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ