ケータイ辞書JLogosロゴ 山鳥坂村(近世)


愛媛県>河辺村

 江戸期〜明治22年の村名。喜多郡川辺郷のうち。大洲【おおず】藩領。南筋の村。当村は古く鳥坂村と称したが,藩内の同名村との混同を避けて一般に「山の鳥坂村」と呼ばれ,天保9年村名替えが公許され(江戸御留守居役用日記),以後山鳥坂村と改称。「慶安郷村数帳」「元禄村浦記」「天保郷帳」では鳥坂村と見え,村高は「慶安郷村数帳」では616石余,うち田316石余・畑300石余,「元禄村浦記」616石余,「天保郷帳」657石余,「旧高旧領」760石余。村高増は慶応2年の検地高入による。元文5年の「大洲秘録」では寺院は本願寺・善通寺,物産は米・大豆・唐黍・芋・薪・鮎。宝暦12年の「紙御役所御仕法旧記」では小間紙漉72人・半紙漉2人・楮仲買2人。当村は製紙の盛んな村であった。明治6年愛媛県に所属。「喜多郡地誌」によれば,村の広さは,東西18町・南北1里,戸数328・人口1,497,うち農業1,056・雑業46・医2・酒造稼人1,牛216・馬78,田31町余・畑114町余・山169町余,神社は春日神社,ほかに天満宮・恵美須社・天神社,寺院は本願寺・善通寺,村内に明治8年開設の千之学校があり,教員1,生徒男79,物産は米麦のほかに大豆107石余・蜀黍760石・楮2,400丸・櫨2万200貫・蝋1万3,600斤・紙137貫。明治22年市制町村制施行後も1村として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7433839
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ