ケータイ辞書JLogosロゴ 秋山ノ村(中世)


高知県>春野町

 織豊期に見える村名。吾川【あがわ】郡のうち。地名としては天文5年7月19日の年紀を有する秋山村妙見社棟札に「奉新建立秋山妙見天社〈住持良賢施主妙心地頭惟宗氏雪心〉」と見える(木屑)。天正17年の仲村郷森山地検帳に「秋山ノ村」または「秋山」と見え,396筆が記される。「森山分」あるいは「喜津賀分」と見えることから森山氏と木塚氏の旧領であったと思われる。「秦士録」によれば給人総数154うち在地給人10・非在地給人144(春野町史)。円明寺・宮ノ内寺などがある。なおホノギの「ハンサカ西ノ谷」には「ウトウ村」という注記がある。また同地検帳には池田ノ村25筆・的場ノ村5筆が記され,別の仲村郷森山地検帳には種間ノ村59筆・和田村13筆・岩脇村16筆が記されるが,これらは江戸期の秋山村に含まれたと思われる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7434055
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ