ケータイ辞書JLogosロゴ 秋山村(近世)


高知県>春野町

 江戸期〜明治22年の村名。吾川郡のうち。土佐藩領。村高は,寛永地検帳940石余(南路志),寛文7年の郷村石付でも同高,寛保3年の郷村帳945石余,「天保郷帳」1,046石余,明治3年の郷村帳1,312石余(本田945石余・新田366石余)。元禄地払帳によれば,本田945石余うち御蔵知222石余・井損田6石余・種間寺領3石余でほかは桐間将監など11名の知行,新田113石余うち御貢物地84石余・日比庄六知行8斗余・松原惣左衛門役知5斗,諏訪彦右衛門領知11石余・上田源内領知7石余・三橋源五良領知7石余。「土佐州郡志」では,村の規模は東西40町余・南北14町許,戸数150余,地内北の塩屋と東北の諸木瀬には舟渡しがあり,塩屋では塩焼きが行われ,当地の溝滄(灌漑用水路)は明暦年間に築かれ,その長さ1,380間という。寛保3年の郷村帳によると,戸数176・人数764(男403・女361),牛6・馬113。享和元年の「西郷浦山分廻見日記」によれば,家数218・人数886,馬126,御留山1。「南路志」では古くは「岩脇村」とあり,享保7年の御巡見帳の地高1,055石余うち本田945石余・新田110石余,家数168・人数731を記し,地内の社堂は妙見・八幡宮・神母・阿弥陀堂・牛頭天王,寺院は法華宗要法寺末蓮乗山池田寺・真言宗本尾山朱雀院種間寺,ほかに和田寺跡・円明寺跡が記される。明治4年高知県に所属。明治初年,当地の細川義昌は御親兵に入り,征韓論に際し帰郷し,地租改正時には地主総代となり,のち自由党員として吾川郡で指導的役割を果たした。彼はのちには片岡健吉とともにキリスト教徒にもなり,郡会議員,県会副議長を勤め,県水産組合頭取として水産業発展に尽力した。明治22年秋山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7434056
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ