ケータイ辞書JLogosロゴ 内ノ谷村(近世)


高知県>春野町

 江戸期〜明治22年の村名。吾川郡のうち。土佐藩領。村高は,寛永地検帳58石余(南路志),寛文7年の郷村石付でも同高,寛保3年の郷村帳506石余,「天保郷帳」524石余,明治3年の郷村帳676石余(本田506石余,新田169石余)。元禄地払帳によれば,本田506石余で御蔵知73石余のほかは山内監物など8名の知行,新田79石余うち御貢物地8石余,山内監物知行12石余,葛目与次右衛門知行58石余。「土佐州郡志」では「内之谷村」と見え,村の規模は東西10町余・南北40町余,手間谷・高崎・谷田・高森・油之谷の地名があり,各々に民屋ありと記される。寛保3年の郷村帳によると,戸数90・人数391(男209・女182),猟銃1,馬60,享和元年の「西郷浦山分廻見日記」によれば,家数98・人数390余,馬65,鉄砲3,御留山・御立藪4,作間渡世としては藁細工・柴薪のほかはないと記される。「南路志」では「内谷村」と書かれ,中村郷のうちと見え,享保7年御巡見帳の地高586石余うち本田506石余・新田80石余,家数89・人数408を記し,地内の寺社に真言宗安養山観正院阿弥陀寺・一向宗西派西光寺と天神社・地蔵堂が記され,阿弥陀寺は旧号池寺安養法院とある。道番庄屋根居によれば,当村の初代庄屋久兵衛は慶長6年から承応元年まで勤めて病死したとあり,これは山内氏の土佐入国期に山本氏を庄屋に起用した例で,当地域内の村落生活秩序確立のための山内氏の施政の一端が知られる(春野町史)。明治4年高知県に所属。同9年には,戸数131うち社9・寺1,人口534(男293・女241),牛35・馬63,地内には皿谷・西山・板屋・桑地・中屋敷・高森・鷲尾・谷田・田中などの宅地があり,中之丸の地には男生徒33人・女生徒4人の公立学校がある。主産物は米麦のほか大豆・サツマイモ・砂糖・薪などで,砂糖と薪は高知などに輸送,売却したという。また明治12年の職業別戸数は産業93・工業7・商業4など(諸木村誌)。同22年諸木村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7434427
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ