ケータイ辞書JLogosロゴ 尾川村(近代)


高知県>越知町

 明治22年〜昭和29年の高岡郡の自治体名。大字は編成せず。明治24年の戸数543・人口2,468(男1,296・女1,172),厩101。同29年からは従来の集落名を継承した西山・本郷・古畑・峯・佐之国・南ノ川・山室の7大字を編成。各大字の民家の所在する地域には大字の末尾に「耕」を付して通称した。大正5年郡道佐川古畑線開通。同8年電灯敷設。昭和3年村道西山線開通。同7年頃の資料によれば,面積3.11方里,耕地389町,戸数496・人口2,605,産業は農・林産が主で,農産のうち米3万1,810円・麦9,400円・黍1,881円・甘藷8万7,150円・大根2,640円,楮・三椏・桑などの特用作物1万8,965円,蚕繭2万4,105円,林産は建築用材5,644円・薪炭材1万8,953円・木炭2万7,195円・竹材357円,工産は茶2,865円など(県誌)。同11年の総生産額24万4,617円うち農産16万6,455円・畜産2,701円・林産6万9,931円・工産5,530円,主要生産品は米・木炭・楮(経済一覧)。昭和29年の世帯数591・人口2,992。同年佐川町と合併し,村制時の7大字は同町の大字に継承。なお大字南ノ川・佐之国・山室および峯の一部は同年越知町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7434771
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ