ケータイ辞書JLogosロゴ 越知村(近世)


高知県>越知町

 江戸期〜明治22年の村名。高岡郡のうち。枝郷に分徳村がある。「南路志」も同村に「越知之内」と付す。土佐藩領。村高は,寛永地検帳583石余(南路志),寛文7年の郷村石付でも同高,寛保3年の郷村帳570石余,「天保郷帳」591石余。明治3年の郷村帳では越知・分徳1,275石余(本田911石余・新田364石余)のうち。元禄地払帳によれば,本田は深尾若狭知行で570石余。「土佐州郡志」では,村の規模は東西30町・南北1里余で,「東限庄田村小船坂,西限大平村油行寺村川,南限三野村笹之休場,北限野老山村市之谷」とあり,戸数198,小村に尾名川(戸数34)・文徳(戸数29)・楠神(戸数23)・油行寺(戸数36)がある。寛保3年の郷村帳によれば,戸数196・人数857(男487・女370),猟銃4,牛6・馬137。享和元年の「西郷浦山分廻見日記」によれば,庄屋吉村惣右衛門,地高912石余,土免3ツ5分,新田45石,切畑およそ50石,家数299・人数1,530余,馬300許,猟師筒11,往還渡舟1,「作間働専川陸運送,且作業畑勝ニ付たはこ并たはこ苗第一之所也」とある。深尾氏は領内での商工業を佐川本村以外では禁止したので,この地は仁淀川の水運によるほかは2,3軒の日用品店と魚介類の行商のみに制限されていた。渡しは三尾の渡し(下渡し)といわれ,下渡通りの仁淀川畔にあり,領主の番所をはじめ船倉もあった。のちに木倉渡し(中渡し)が藩領の木材倉庫を控えて木倉通りにでき,また石神渡し(上渡し)は文徳渡しともいわれて一般住民用に使われたように大小荷舟に筏が通った。寺社は,「土佐州郡志」では大師堂・阿弥陀堂跡2・地蔵堂・薬師堂・横倉寺・円福寺社(ママ)・東光寺・横倉社・仁井田大明神社・大権現社2・大本大明神社,「南路志」では本村分として白尾権現・弁財天・若宮・荒神・阿弥陀・薬師大師。貞享4年分限帳(佐川文庫蔵)によれば,横倉寺は元禄〜正徳年間に文徳村に移転再興され(現横倉社隣),寺領3反余を寄進される。また横倉社へも神米6斗が給されている。当時の堂塔伽藍の壮大さは,天保9年作の2m角余に及ぶ同社大絵馬に詳記されている。この名刹も明治4年排仏毀釈により廃寺となる。明治初年分徳村を合併。明治4年高知県に所属。江戸期に禁止されていた商売が解放され,高知市中から酒店に続いて雑貨商が参入し,下渡通口に開店したのをはじめとして内外の商人が殺到した。同12年頃は商家が軒を連ね,隣村の佐川村の衰退を横目に連年十数軒宛の増加をみて,新興越知町街を形成した。同22年越知村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7434836
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ