ケータイ辞書JLogosロゴ 越知町(近代)


高知県>越知町

 明治33年〜現在の高岡郡の自治体名。村制時の2大字を継承。昭和4年の世帯数914・人口5,773。同7年頃の資料によれば,面積1.69方里,耕地352町,戸数985・人口4,921,当町は高岡・吾川【あがわ】両郡北部における物資集散の中心地で市街は活気を帯びているが,町としての物産は少なく,かつての製紙業に代わって養蚕業が盛んとなり,主な物産は米1,730石・繭1万5,046貫・生糸6,342貫・清酒1,085石・洋灰樽3万5,000樽などであったとある(県誌)。同11年の生産総額82万6,610円うち農産16万7,004円・畜産1万4,999円・林産2万6,143円・水産3,400円・工産61万5,064円,主要生産品は生糸・繭・酒・米(経済一覧)。昭和21年の世帯数1,433・人口6,394で,奥地山分からの越知町への集中と第2次大戦の敗戦による都市よりの帰農が現れている。同29年3月大桐村・吾川郡横畠村を合併,合併両村の6大字を加え8大字を編成し,世帯数2,055・人口9,898,面積56km[sup]2[/sup]余となる。同年4月佐川町の一部を編入し,南ノ川・佐之国・峰の3大字,面積16km[sup]2[/sup],123世帯・634人を加える。同年7月吾川郡明治村と長者村の一部を編入し,片岡・黒瀬・鎌井田本村・鎌井田日ノ浦・鎌井田清助・鎌井田桑藪【かまいだくやぶ】・長者の7大字,435世帯・2,185人,面積27.25km[sup]2[/sup]を加える。同年10月には佐川町山室,16世帯・86人,面積2.20km[sup]2[/sup]を,同33年佐川町黒岩地区の西北部,柴尾【しぼお】・宮地・浅尾【あそお】・南片岡の4大字,129世帯・684人を編入し,23大字を編成,現在に至る。昭和31年越知〜横畠間に中仁淀橋が竣工。同地から仁淀川沿いに伊野町へ通じる私営バスも運行を始め,陸の孤島と称されていた横畠・明治地区の交通の不便を解消した。同33年野老山に仁淀川第三発電所完成。同57年越知町民総合運動場・同町民会館が,丸山台地4haの地に完成。また同年から大平地区の坂折川(大桐川)に仁淀川増渇期の水量調節用の堰堤の建築工事が着工された。同58年の世帯数3,095・人口9,140。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7434838
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ