ケータイ辞書JLogosロゴ 甲殿村(中世)


高知県>春野町

 織豊期に見える村名。吾川【あがわ】郡のうち。天正17年の仲村郷森山地検帳に「甲殿ノ村」あるいは「甲殿村」と見え,59筆が記される。森山分が大部分で,森山氏の旧領を示している。ほかに国光名・喜津賀分が若干見えるのは,国光名の名主の旧領を示し,検地時には香宗我部親泰の所領となっていたと思われる。屋敷数は27(春野町史),そのうちには1反5代の「土居」が見える。「秦士録」によれば給人総数6うち在地給人1,非在地給人5(同前)。寺院では西光寺の寺名が見え,土居と隣接しているところから名主の菩提寺とも考えられる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7435511
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ