ケータイ辞書JLogosロゴ 甲殿村(近世)


高知県>春野町

 江戸期〜明治22年の村名。吾川郡のうち。土佐藩領。村方と浦方からなる。村高は,寛永地検帳161石余(南路志),寛文7年の郷村石付でも同高,寛保3年の郷村帳160石余,「天保郷帳」214石余,明治3年の郷村帳464石余(本田160石余・新田304石余)。元禄地払帳によれば,本田160石余うち御蔵知59石余・御蔵入分井損田5石余・伊藤市良左衛門知行10石余・鳥飼才丞知行30石・野本平丞知行43石余・深尾務平知行3石余,新田157石余うち御貢物地129石余・上田源内領知10石・諏訪彦右衛門領知17石余。「土佐州郡志」によると,集落別戸数は奥之上32・南裏14・奈岐利2・大保幾2。寛保3年の郷村帳では,戸数78・人数376(男206・女170),牛28・馬13。享和元年の「西郷浦山分廻見日記」によれば,家数87・人数373,牛馬32,地引網7,船7,塩竈27,御留山2。「南路志」によれば中村郷のうちと見え,享保7年御巡見帳の地高250石余うち本田160石余・新田89石余,家数55・人数308を記し,社寺は住吉四所大明神・若宮2・神母・奥院と一向宗東派受念寺,ほかに西光寺跡がある。宝永年間から寛延年間にかけて栄えた譲受郷士島田氏や,寛政年間頃の庄屋野本氏などは当村における著名な人物で,庄屋野本氏の残した地方扣牒など多くの野本家文書が伝えられている。明治4年高知県に所属。島田糺も当地の人で,明治元年致道館砲術取立役となり,のち区会議長,県議会副議長,吾川郡自由党首領,衆議院議員などを歴任し,吾南地域の指導者として活動した。明治22年秋山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7435512
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ