ケータイ辞書JLogosロゴ 西畑村(近世)


高知県>春野町

 江戸期〜明治22年の村名。吾川郡のうち。土佐藩領。村高は,寛永地検帳584石余(南路志),寛文7年の郷村石付でも同高,寛保3年の郷村帳553石余,「天保郷帳」703石余,明治3年の郷村帳1,325石余(本田553石余・新田772石余)。元禄地払帳によれば,本田553石余で御蔵知137石余のほかは生駒木工など23名の知行,新田47石余うち御貢物地11石余・千頭小市良の領知36石余。「土佐州郡志」では,戸数60余,「随処為家」とある。寛保3年の郷村帳によると,戸数100・人数441(男211・女230),牛1・馬61。享和元年の「西郷浦山分廻見日記」によれば,家数140・人数640,馬110,御留山6とあり,先年の洪水で仁淀川の流路が変わったため新田300石余が対岸の地になり,対岸新居村地下人の松植付をめぐって当村と新居村の間で境争論のあったことが記される。「南路志」では中村郷のうちと見え,享保7年御巡見帳のものと思われる地高677石余うち本田553石余・新田123石余,家数84・人数336を記し,地内の社寺に権現宮・船戸明神宮と一向宗西派弘願寺がある。「皆山集」の神社志によれば船戸明神宮は岐神社として見え,旅の安全祈願に特に効験があるという。土佐国国産往来は当地の土産として白魚を記す(皆山集)。明治4年高知県に所属。同9年には,戸数198うち社4・寺1,人口933(うち男488・女445),牝牛93・牡牛27,船49,特に牝牛が多いのは砂糖汁をしぼるために使用しやすいためで,物産は,米・麦をはじめ,サツマイモ・白砂糖・黒砂糖・蜜砂糖などを産した。当地の砂糖は品質も良好で商品として広く商われ,そのほかに瓦7,050枚・鍬309梃・釘13万6,000本・縞木綿601反など各種手工業品が多く生産された(仁西村誌)。当村の大工柳井十蔵は洋傘の骨で人形を操り,これが「西畑デコ芝居」として広く民衆の中にとけこみ,明治・大正期には当村と仁ノ村が一丸となって西畑人形劇団を編成し,県下のみでなく中国・九州地方にまで巡業している。明治22年仁西村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7435652
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ