ケータイ辞書JLogosロゴ 西分村(近世)


高知県>春野町

 江戸期〜明治22年の村名。吾川郡のうち。木塚村とも称した。土佐藩領。村方と浦方からなる。村高は,寛永地検帳991石余(南路志),寛文7年の郷村石付でも同高,寛保3年の郷村帳987石余,「天保郷帳」1,110石余,明治3年の郷村帳1,515石余(本田987石余・新田527石余)。元禄地払帳によれば「喜津賀村」と見え,本田987石余うち御蔵知964石余・井損田23石余,新田284石余うち御貢物地80石余・日比庄六の知行10石余・小林甚五左衛門知行9石・松岡惣兵衛領知26石余・伊藤勘平領知83石余・植田源四良領知57石余・和田善右衛門領知16石余。「土佐州郡志」では,集落別の戸数は増井本村100余・比江谷村15・長谷川際56。寛保3年の郷村帳によると,古くは「喜津か村」とあり,戸数213・人数886(男489・女397),猟銃6,牛19・馬108。享和元年の「西郷浦山分廻見日記」によれば,家数247・人数1,020,馬132,鉄砲10,御留山6,作間には莚・縄を拵えて売るとある。「南路志」では「木塚村」として記され,あるいは「西分村」というとあり,中村郷のうちと見え,社堂に八幡宮・蔵王権現・伊勢神・明神社・八王子権現・三所権現・荒神堂・天神社,寺院に一向宗東派本立寺・高顕寺がある。同書によると,明神社は長宗我部元親の後嗣問題にかかわって当村一之井山で自殺した吉良左京進を祀ったもので木塚明神と称すといい,その伝承を記している。なお,「土佐州郡志」には吉良左京進とともに死んだ7人がたたりをなすことが記され,老圃奇談(県史民俗資料)によれば里人が同社を七人身先の神と称し,怪異があったが墓に社を建立してのちは止んだという。明治4年高知県に所属。同9年には,戸数292うち社10・寺2,人口1,216(男641・女575),牛馬122,荷船12。地内には升井(マス井)長谷・法師部・十田・川淵・大用・大寺・福一・金谷・池田・土居(土井)・沢田・岡ノ瀬・岡・持田・治国谷などの字地があり,当村と芳原村役所も金谷にある。明治7年には,民家を改修して公立西分小学校を設立,男生徒40人・女生徒5人を教員1人が担当し教育にあたっている。作物は米・麦のほか,サツマイモ・綿・藍・孟宗筍・蜜柑・コンニャクなどで,筍は大阪,蜜柑やコンニャクは高知にまで輸送販売したとある。また生糸・茶・楮皮・しぶき莚なども製造し,特にしぶき莚は当村の特産で,高知はもちろん香美郡赤岡や,吾川郡伊野にまで出し,それらの地区の使用品のうち十中八九は当村のものであったという。また同12年の職業別戸数は農業170,工業39(すべて大工),商業8(小売や旅籠など)とある(西分村誌)。同22年木塚村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7436834
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ