ケータイ辞書JLogosロゴ 赤地村(近世)


福岡県>小竹町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国鞍手郡のうち。福岡藩領。ただし,元和9年〜延宝5年および元禄元年〜享保5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。天正年間の「指出前之帳」によれば,地積・分米は田5町余・66石余,畠7町余・40石余,合計13町余・106石余。村高は,「慶長国絵図」253石余,「正保郷帳」283石余(田189石余・畠94石余),「天保郷帳」417石余,「旧高旧領」416石余。「続風土記」には枝郷として伊浦村の名が見える。木屋瀬宿より穂波郡飯塚宿に至る長崎街道は,はじめ下境村より当村を通り渡しを経て南良津【ならづ】村に抜けていたが,延享3年以降街道が直方町内を通るようになって当村は官道筋から外れた(続風土記拾遺)。産土神は大祖神社。安政年間頃の戸数61・人数380(男182・女198),牛30・馬27,年貢などは若松御積立所まで7里を船で運んでいた(赤地村明細帳)。明治初期の戸数69・人数382(男185・女197),牛43・馬20,田29町余・畠14町余・大縄田1反余,水損の患いがあり,物産は石灰・石炭,石炭礦場4か所があり,正税は米・大豆136石余,雑税は米・大豆7石余と金1円余(地理全誌)。同22年勝野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7437924
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ