ケータイ辞書JLogosロゴ 秋月村(近代)


福岡県>甘木市

 明治22〜26年の夜須郡の自治体名。下秋月・野鳥の2か村が合併して成立。旧村名を継承した2大字を編成。役場を下秋月に設置。合併時の戸数727・人口3,564,地積は田10町・畑15町・山林448町・原野222町など計799町。明治24年の戸数689・人口3,445(男1,721・女1,724),厩44,寺院9,学校1,水車場17(徴発物件)。主産業は農業で,林業も盛んである。学校は小学校1,組合立中学校1。名所・旧跡は,秋月城跡・黒田家菩提所(古心寺)・杉の馬場など,また国特別天然記念物として古処山ツゲ原始林がある。名物は,和紙・葛・博多織・林産物などが有名。明治26年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7437951
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ