ケータイ辞書JLogosロゴ 秋松名(中世)


福岡県>筑後市

 鎌倉期に見える名【みよう】の名。筑後国上妻郡広川荘のうち。天福2年2月日の坂東寺所役注文案に「秋松名 二十三町九反 分銭七貫百七十文」と見える。広川荘鎮主社造営の分担反別銭である。23町9反は貞永2年の実検に基づく秋松名の面積で,反別30文を割りあてられていたことが判る。そのほか秋松名は「浮免内御九日会」の際「饗膳十二前」分にあたる米2斗5升2合を出し,また流鏑馬10番のうち3番目と5番目の一部を負担した(岡本文書/鎌遺4623)。嘉禎3年9月28日,広川荘鎮守の鳥居より東方30間の釘貫役のうち4間を勤仕している(同前/同前5180)。寛元3年10月6日の広川荘鎮守神役支配状案によると,秋松名は西御前社の御供屋5間のうち,吉富・得久名とともに2間を負担している(同前/同前6566)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7437956
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ