ケータイ辞書JLogosロゴ 芥田村(近世)


福岡県>嘉穂町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国嘉麻郡のうち。東千手【ひがしせんず】村の枝郷であったが(元禄郷帳・元禄国絵図・天保郷帳),のち分村した。はじめ福岡藩領,元和9年からは秋月藩領。村高は,「元禄国絵図」「天保郷帳」ともに625石余,「旧高旧領」638石余。産土神は愛宕社で,いつの頃か九郎原村から勧請。浄土真宗善来寺は西ノ郷村善照寺に属し,開基は上臼井村小太郎丸の農民了円,享保年間恵性願入という人が寺号・木仏を許される(続風土記付録)。豊前から古処山西尾根の八丁越を経て筑後に通ずる秋月街道筋であった。明治初期の人家は本村・下・溝口・谷・集【あつまる】にあり,戸数71・人口304(男149・女155),田34町余・畑14町余・山32町余,正租は米・大豆225石余,雑税は米・大豆6石余と金85銭4厘,池11,牛35・馬5(地理全誌)。明治22年千手村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7437962
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ