ケータイ辞書JLogosロゴ 浅井村(近世)


福岡県>久留米市

江戸期〜明治9年の村名筑後国山本郡のうち耳納【みのう】山北東麓の扇状地に位置する地名は扇状地の縁辺部のため地下水位が浅い所が多いことによると伝えるはじめ柳川藩領(田中氏),元和6年からは久留米藩領泉組に属す村高は,「元禄国絵図」116石余,「在方諸覚書」の古高180石余,「天保郷帳」116石余,「旧高旧領」204石余文化4年には田7町8反余・畑4町余・居屋敷1反6畝余(農政農民史料集)寛政元年の人数48,馬6,年貢撫6斗3升(筑後上三郡取調手鑑)阿弥陀仏を氏仏として小堂に祀る(寛延記)明治7年の山本郡物産表に櫨実と藍の産出をあげる同9年耳納村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7437970
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ