ケータイ辞書JLogosロゴ 甘木市(近代)


福岡県>甘木市

 昭和29年〜現在の自治体名。甘木町・上秋月村・秋月町・安川村・馬田村・蜷城【ひなしろ】村・立石村・福田村・三奈木村・金川村が合併して成立。合併各町村の大字を継承した58大字を編成。市役所を菩提寺に設置。昭和30年高木村を合併,2大字を加えた60大字となる。世帯数・人口は昭和30年8,639・4万7,983,同59年1万1,466・4万3,916。主産業は農業であるが,兼業農家が多く中でも第2種兼業が主をなす。昭和42年宮崎県児湯郡高鍋町と姉妹都市の締結をした。同48年からブリヂストンタイヤ甘木工場が操業開始。昭和47年完成の江川ダム,同52年完成の寺内ダムは福岡市第一の水源地となっている。歴史深い旧門前町の商家・神社・寺院も残存しており,花の名所丸山公園,旧城下町の秋月は観光地としても有名。ほかに甘木祇園・甘木バタバタ(天然痘退散祈願)も有名。昭和51年甘木文化会館落成。何度かとりやめになったり,復活されたりした甘木盆俄(甘木盆踊り)は,同56年甘木連合文化会により再び復活されることになった。同62年九州横断自動車道が開通。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438030
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ