ケータイ辞書JLogosロゴ 雨窪村(近世)


福岡県>苅田町

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国京都郡のうち。小倉藩領。新津手永に属す。村高は,「正保国絵図」300石余,「元禄国絵図」297石余,「天保郷帳」446石余,「旧高旧領」307石余。元和8年の家数62・人数103(男52・女51),牛18・馬7,惣庄屋雨窪二郎右衛門のほか牢人がいた(人畜改帳)。地内の松山は松山新地・松山分ともいわれたが,半ば独立した村としても扱われ,松山村として当村と区別されることがあった。郡典私志によると,細川氏時代は狸山には人家がなく郡境に茶屋があったという。郡境石標(国道より海側約100m)周辺のことであろう。享保飢饉の餓死者は46人(開善寺過去帳)。字神山には取石神社,字三堂には浄土宗西山派清源寺がある。明治3年の戸数39・人口163(男82・女81)。同18年の地積は田22町余・畑8町余・宅地1町余(京都郡誌)。同22年苅田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438037
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ