ケータイ辞書JLogosロゴ 甘水村(近世)


福岡県>甘木市

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国夜須郡のうち。はじめ福岡藩領,元和9年からは秋月藩領。枝郷に白川村がある(元禄郷帳・天保郷帳)。天正年間の「指出前之帳」によれば,地積・分米は田8町余・143石余,畠13町余・66石余,合計21町余・209石余。村高は,「慶長国絵図」318石余,「正保郷帳」357石余(田264石余・畠93石余),「元禄国絵図」516石余,ほかに枝郷白川村31石余,「天保郷帳」360石余,ほかに枝郷白川村31石余,「旧高旧領」では白川村を含めて366石余。元和9年分知時の村高は367石余。明和9年には知行地はなく(御家中知行高目録控),すべて蔵入地。文政元年の年貢米522俵余・同大豆61俵余(夜須郡御物成帳)。同3年の家数41・人高209(男112・女97),馬22・牛7(御領分中家数人高牛馬付)。文政2年には紙漉1・水車1・締油1がいた(諸運上銀根帳)。産土神は弥永【いやなが】村の大神大明神(現大己貴神社)。ただし,村内のうち深野・倉谷・白川は上秋月村の上秋月八幡宮を産土神とする。庄屋は堀尾家が勤めていた。明治6年の小名数5,戸数50・人口275(男141・女134),馬20・牛16,田18町余・畑9町余・大縄田畑2町余・山林78町余,物産は石灰,正税は米・大豆181石余,雑税は米・大豆5石余と金87銭余,免取扱料6石余,山運上米・大豆1石余(地理全誌)。同22年安川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438049
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ