ケータイ辞書JLogosロゴ 在自村(近世)


福岡県>津屋崎町

 江戸期〜明治22年の村名。宗像郡のうち。福岡藩領。勝浦触に属す。柳宿(唐坊ともいう)という別村があったが,延宝元年に当村内に入った(続風土記拾遺)。村高は,「慶長国絵図」752石余,「正保郷帳」843石余(田625石余・畑218石余),「元禄国絵図」843石余,「天保郷帳」912石余,「旧高旧領」867石余。郡内総鎮守の宗像神社の氏子で,天保14年略御祓配分覚帳や略御祓御初穂神納帳(宗像家文書)では,御札71体を受け,米3斗を神納している。鎮守は,漁民信仰の遭難絵馬が奉納されている金刀比羅宮・唐坊八幡宮・牧口明神社・貴布禰神社。明治6年の戸数94・人口483(男240・女243),耕地は田59町余・畑22町余・大縄田6町余,田は晩稲・麦・菜種,畑は麦・菜種・琉球芋・大豆などを作り,正税は米・大豆475石余,雑税は米・大豆14石余と金5円余(地理全誌)。同年在自小学校が開校,教員1,生徒は男52。同22年宮地村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438073
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ