ケータイ辞書JLogosロゴ 有安村(近世)


福岡県>椎田町

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国築城【ついき】郡のうち。小倉藩領。角田手永に属す。村高は,「正保国絵図」200石余,「元禄国絵図」213石余,「天保郷帳」279石余,「旧高旧領」308石余。享保の飢饉では140人の餓死者を出している(開善寺過去帳)。宝暦3年の内高291石余のうち物成高は142石余であった(築上郡志)。尾張国の商人菱屋平七は享和2年当地を訪れて「あり屋(有安)村の出村のしんじょ村とて四五十軒,次に横浜人家五六十軒。漁師百姓のみなり」と記している(筑紫紀行)。明治22年西角田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438106
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ