ケータイ辞書JLogosロゴ 飯田村(近世)


福岡県>久留米市

 江戸期〜明治22年の村名。山本郡のうち。はじめ柳川藩領(田中氏),元和6年からは久留米藩領。泉組に属す。村高は,「元禄国絵図」1,242石余,「在方諸覚書」の古高1,010石余,「天保郷帳」1,062石余,「旧高旧領」1,237石余。山本郡川辺11か村に属し,洪水常襲地帯。文化4年には田44町9反・畑田2町9反・畑47町6反・居屋敷1町3反(農政農民史料集)。嘉永年間の作柄平均は田6俵,粟5俵(廻村日記)。用水は耳納【みのう】山地の谷川による。寛政元年の人数929,馬23,年貢撫6斗5升(筑後上三郡取調手鑑)。鎮守は天満宮。元和2年田中忠政は徳川家康廟を善導寺境内に建立し,同寺へ社領として飯田村内に400石寄進し,本知の寺領と合計して500石となる。のちの有馬氏もこれを保証し,村内の寺領について別に寺庄屋が置かれた。善導寺門前町は,寛政元年の丁数4丁,家数100軒余(同前)。明治2年善導寺領は政府に没収された。同4年郵便取扱所を設置。同6年逐生小学(のちの飯田小学)を設立。同9年勿躰島【もつたいじま】村を編入。同年当村飛地3町歩を御井郡大城村(現北野町)に編入(大城村郷土読本)。同11年の戸数268・人口1,254。同22年善導寺村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438132
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ