ケータイ辞書JLogosロゴ 池田村(近世)


福岡県>玄海町

 江戸期〜明治22年の村名。宗像郡のうち。福岡藩領。勝浦触に属す。村高は,「慶長国絵図」1,198石余,「正保郷帳」956石余,「元禄国絵図」956石余,「天保郷帳」1,526石余,「旧高旧領」1,424石余。当村の内に大王寺村があると見える(続風土記)。宗像神社の氏子で,天保14年略御祓配分覚帳や略御祓御初穂神納帳(宗像家文書)では,151体の御札を受け,米2俵を神納するとある。孔大寺権現社が祀られる孔大寺山には,山頂の大穴に乙女を生贄に捧げ,白馬または蛇となって現れた神がこれを喰らうという伝承があった(続風土記)。ほかに神社は粢田神社,寺院は浄土宗の西光山東照院。元禄年間に銅が試掘されたが産銅少なく中絶,その後嘉永7年藩費により鉱坑が開かれ,明治2年まで採銅が続いた(地理全誌)。延享3年の人数701(男382・女319),文化元年の人数は男431・女386の合計817(池田村記録)。明治初期の戸数198・人口952(男482・女470),耕地は田85町余・畑37町余・大縄田畑18町余,田は早稲・中稲・麦・菜種,畑は麦・菜種・豆などを作り,正税は米・大豆572石余,雑税は米・大豆17石余と金7円余(地理全誌)。同7年潤身小学校が開校,教員1,生徒数は男71・女4。同22年池野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438190
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ