ケータイ辞書JLogosロゴ 泉河内村(近世)


福岡県>嘉穂町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国嘉麻郡のうち。はじめ福岡藩領,元和9年からは秋月藩領。枝郷に栗野村・高畑村・樫畑村・瀬畑村があり(元禄郷帳・元禄国絵図・天保郷帳),この枝郷4か村は四ケ畑と総称された(地理全誌)。村高は,「慶長国絵図」「正保郷帳」には当村名の記載がなく,「元禄国絵図」436石余,「天保郷帳」551石余,「旧高旧領」709石余。枝郷の4か村は,「元禄国絵図」「天保郷帳」では当村とは別にそれぞれ村高が記されるが,「旧高旧領」には村名が見えず,いずれも当村のうちに含まれている。産土神は八幡宮で,寛文6年千手【せんず】村八幡宮を勧請したという(続風土記付録)。明治初期の人家は本村・猪鹿・栗野・高畑・樫畑・市ノ瀬・岸骨・瀬畑・古屋敷・永山・庄山にあり,戸数116・人口653(男346・女307),田43町余・畑13町余・大縄田畑5町余・山304町余,物産は葛粉・楮皮・樫炭,正租は米・大豆277石余,雑税は米・大豆8石余と金2円余,池2,牛144,小学校が本村にあり,生徒数は男25・女5(地理全誌)。当地の教育は明治8年秋月士族岡本又平の手習所が内山田小学校になるが,泉河内には明治11年栗野に内山田校の派出所を創立し,栗野・河底・高畑・瀬畑を通学区域とした(嘉穂郡誌)。現在の泉河内小学校栗野分校の前身である。同22年千手村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438255
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ