ケータイ辞書JLogosロゴ 磯光村(近世)


福岡県>宮田町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国鞍手郡のうち。福岡藩領。ただし,元和9年〜延宝5年および元禄元年〜享保5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。天正年間の「指出前之帳」によれば,地積・分米は田38町余・338石余,畠13町余・63石余,合計51町余・401石余。村高は,「慶長国絵図」786石余,「正保郷帳」603石余(田515石余・畠88石余),「元禄国絵図」902石余,「天保郷帳」910石余,「旧高旧領」902石余。「続風土記」には枝郷として日陽村の名が見える。天保10年の人数は男201・女178の合計379(鞍手郡誌)。鎮守は天照宮。ほかに初子社がある。地組と呼ばれる土地割替も行われていた。延宝元年〜文政2年日陽地区のイヤノ谷池から埴安を経て浮州【ふしゆう】で犬鳴川にそそぐ養水溝が掘り続けられた(宮田町誌)。村内からは石炭も産出され,天保13年の掘溜焚石高150万斤余(同前)。明治9年の戸数94・人口496,田75町余・畑20町余・山林71町余,牛59・馬26,上荷船2,石炭鉱場2,小学校は狭間脇にあり,生徒数は男38・女3,物産は生蝋6,000斤・石炭80万斤・石殻5,000俵・瓦1万8,000枚など(地理全誌)。同22年宮田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438262
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ