ケータイ辞書JLogosロゴ 板屋村(近世)


福岡県>甘木市

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国下座郡のうち。はじめ福岡藩領,元和9年からは秋月藩領。村高は,「慶長国絵図」244石余,「正保郷帳」187石余(田131石余・畠56石余),「元禄国絵図」279石余,「天保郷帳」296石余,「旧高旧領」316石余。元和9年分知時の村高は279石余。慶長12年には加藤内匠の知行地(下座郡百姓改帳),明和9年には吉田斎110石余・渡辺典膳101石余・吉田専左衛門100石・小川左近右衛門24石余の知行地となる(御家中知行高目録控)。文政元年の年貢米383俵余・同大豆53俵余(下座郡御物成帳)。同3年の家数36・人高163(男91・女72),馬20・牛1(御領分中家数人高牛馬付)。文政2年には酒造1がいた(諸運上銀根帳)。産土神は荷原【いないばる】村の栗尾大明神(現美奈宜神社)。村内には岩淵山に岩淵竜神社がある。庄屋は諫山家が代々勤めていたが,寛政7年からは内田氏が勤めた。明治初期の小名数8,戸数48・人口234(男118・女116),馬10・牛20,田14町余・畑12町余・大縄田畑5反余・山林46町余,物産は砂糖,正税は米・大豆109石余,雑税は米・大豆3石余と金1円余,免取扱料5石余,山運上米・大豆1石余(地理全誌)。同22年三奈木村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438289
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ