ケータイ辞書JLogosロゴ 荷原村(近世)


福岡県>甘木市

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国下座郡のうち。福岡藩領。村高は,「慶長国絵図」560石余,「正保郷帳」430石余(田224石余・畠205石余),「元禄国絵図」も430石余,「天保郷帳」654石余,「旧高旧領」652石余。枝郷に寺内村・立出村・帝釈寺村が見える(続風土記)。慶長7年以来三奈木黒田家の知行地。承応3年三奈木黒田家の黒田一任は帝釈寺・坂ノ下・鬼ケ城に郷足軽1組18人を住まわせて帝釈寺組足軽を立てた(続風土記付録)。帝釈寺嶺は上座郡佐田を経て,彦山への参詣の通路にあたり,嶺には茶店があった。産土神は栗尾大明神社(現美奈宜神社)で,社家の説では「延喜式」の美奈宜神社という。祭礼は三奈木村より執り行われ,64軒の宮座の者がこれを掌った。明治初期の小名数5,戸数185・人口894,馬50・牛40,水車2,田20町余・畑35町余・大縄田畑8反余・山林182町余,物産は煙草・砂糖・麻苧・材木,正税は米・大豆306石余,雑税は米・大豆9石余と金20円余(地理全誌)。同7年寺内小学校が設立され,同9年の生徒数67(男40・女27)。同22年三奈木村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438351
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ