ケータイ辞書JLogosロゴ 今寺村(近世)


福岡県>筑後市

江戸期〜明治9年の村名筑後国下妻郡のうち矢部川支流の沖端川分岐点に北接する平野部に位置する地名の由来は,全体が寺地であったことによる安元年間平重盛が36か寺を建立したといわれ,貞和年間足利尊氏による再興が伝えられるが,その後衰微に向い,寺領取上げにあった慶長年間頃6坊が残っていたという(寛延記)はじめ柳川藩領(田中氏),元和6年からは久留米藩領中折地組に属す村高は,「元禄国絵図」228石,「在方諸覚書」の古高220石,「天保郷帳」270石余,「旧高旧領」326石余藩内21か所にある穀留番所の所在地(筑後志)田中氏が築城の際,当地の堂社をことごとく崩し,寺院はすべて廃絶書写の大般若経一部以外は寺物・宝器が散逸(寛延記)その後延宝6年真言宗光明寺堂舎(本尊千手観音)を中折地組大庄屋が建立,現在の本堂は天保7年再建のもの「寛延記」には田地の名に「東ノ大門,西ノ大門,北ノ大門跡」など唱えていることを伝え,寺地13か所が知られると述べている「筑後地鑑」では「坊舎悉ク野民ノ居宅ト成ル」とある光明寺内に五社大権現があり,本社は熊野権現,併せて春日大明神・高良大明神・阿蘇権現・彦山権現を祀る同寺中に若宮八幡宮もある光明寺千手観音は筑後三十三か所23番札所に当たる文化4年の本田8町2反余・開田1町6反余・畑田1町4反余・畑10町1反余・居屋敷2反余,春免高252石(農政農民史料集)明治5年光明寺に優厭小学を設けたが1年で解散同9年津島村の一部となる現在の筑後市津島のうち
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438458
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ