ケータイ辞書JLogosロゴ 石崎荘(中世)


福岡県>稲築町

 鎌倉期に見える荘園名。筑前国嘉麻郡のうち。文永7年3月,石清水検校善法寺宮清が宇佐弥勒寺領を注進した中に,「同弥勒寺領西宝塔院家庄」9か所の1所として「石崎庄」が見える(石清水文書6/大日古)。しかし当荘は戦国期までに崩壊していたようで,文明元年9月3日,宗貞国は「嘉麻郡内岩崎二十町」を宗大和守に宛行っている(給人百姓御判物写帳/長崎県史史料編1)。なお,天正年間の「指出前之帳」には「岩崎村」と見え,田24町余・分米190石余,畠24町余・分大豆107石余であった。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438507
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ