ケータイ辞書JLogosロゴ 岩丸村(近世)


福岡県>椎田町

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国築城【ついき】郡のうち。小倉藩領。椎田手永に属す。村高は,「正保国絵図」340石余,「元禄国絵図」361石余,「天保郷帳」561石余,「旧高旧領」548石余。元和8年の家数99・人数191,牛21・馬6(人畜改帳)。元禄7年当地を訪れた貝原益軒は「寒田より下りて東の山上にのぼりゆく道あり。此道石なし。椎田の方にゆくによし。山の東の下に岩丸谷とて長二里ばかりなる谷あり。村二三上下にあり。田畠あり」と記している(豊国紀行)。享保の飢饉では253人の餓死者を出している(開善寺過去帳)。宝暦3年の内高482石余のうち物成高は209石余であった(築上郡志)。天明8年摂津国の行者である浄海和尚が弘法大師堂を創建。寺院に法泉寺・法厳寺がある。明治22年葛城村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438531
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ