ケータイ辞書JLogosロゴ 植木村(近世)


福岡県>須恵町

 江戸期〜明治22年の村名。粕屋郡のうち。福岡藩領。旅石触に属す。枝郷に本合【もつたい】村がある(元禄郷帳・天保郷帳)。村高は,「慶長国絵図」1,134石余,「正保郷帳」845石余(田745石余・畠100石余),「元禄国絵図」593石余,「天保郷帳」913石余,ほかに枝郷本合村392石余,「旧高旧領」903石余。寛政5年の家数64・人数263(男155・女108),弘化元年の人数は男164・女172の合計336(須恵町誌)。弘化3年の組頭は4名。納高250石余の給知および給知高629石余の給知があり,残りの22石余が蔵入地であった。若宮八幡宮と臨済宗道林寺がある。文化12年から10年かけて,若杉山の谷川から駕与丁池への導水が周辺の村々と協力してつくられ,この導水を新大間池仕掛溝という。明治6年の戸数65・人口298(男140・女158),田53町余・畑30町余・山林32町余・新開地1町余,物産は瓦・櫨実など,溜池は10か所,正税は米・大豆418石余,雑税は米・大豆12石余と金2円80銭余(地理全誌)。明治8〜11年までには本合村を合併。同17年の戸数107・人口565。同22年須恵村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438545
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ