ケータイ辞書JLogosロゴ 碓井村(近代)


福岡県>碓井町

 明治22年〜昭和16年の自治体名。はじめ嘉麻郡,明治29年からは嘉穂郡に所属。飯田・上臼井・光代・下臼井・西郷・平山・上西郷の7か村が合併して成立。旧村名を継承した7大字を編成。役場を上臼井に設置。明治42年上西郷を大隈町に編入し,6大字となる。明治22年の戸数521・人口3,025,地積は田458町・畑47町・山林210町・雑種地72町など計859町。同24年の戸数544・人口3,138(男1,636・女1,502),厩304,寺院3,水車場5,小船45(徴発物件)。明治期より平山鉱・麻生吉隈鉱など大小の炭鉱が操業。平山炭鉱は,明治期以来当村と桂川村域で採掘され,経営者が変遷する。昭和5年明治鉱業が同鉱の経営権を握ると,同7年平山に第2坑を開坑し,事務所・住宅などを整備。その後平山に3坑,上臼井に新3坑,飯田に6坑と新坑開発が進むが,昭和44年平山鉱業所,同47年第2会社の新明治平山炭鉱が閉山。世帯数・人口は大正9年955・4,935,昭和15年1,854・8,996。昭和16年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438592
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ