ケータイ辞書JLogosロゴ 漆生村(近世)


福岡県>稲築町

 江戸期〜明治22年の村名。嘉麻郡のうち。はじめ福岡藩領,元禄3年直方【のおがた】藩領,享保5年からは再び福岡藩領。村高は,「慶長国絵図」1,343石余,「正保郷帳」1,506石余(田1,151石余・畠355石余),「元禄国絵図」1,506石余,「天保郷帳」1,555石余,「旧高旧領」1,542石余。人数は,享保19年357(男196・女161),寛政10年379(男194・女185)であった(稲築町誌)。八幡宮がある。享保9年漆生騒動が起こり,安永5年には大水害があった。「続風土記拾遺」によると,地内の田中に陶工が2戸あり,猪鼻焼に類するものを製したという。元和7年に漆生用水が開発された。「続風土記付録」には,桑野川のアナメ堰手など3つの堰手とカウジガサカ塘など6つの塘があげられている。「続風土記」には,枝村として中家【なかえ】村・田中村の名が見える。明治初期の小名数4,戸数113・人口600(男299・女301),田94町余・畠22町余・大縄田畠1町余,正租は米・大豆756石余,雑税は米・大豆22石余と金6円余,本村に小学校があり,牛68・馬10,小船9,石炭礦場2,物産は石炭1万斤,櫨実7,000斤,菜種6石5斗,鶏卵6,100個,酒45石5斗,醤油14石など(地理全誌)。同22年稲築村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438675
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ