ケータイ辞書JLogosロゴ 宇留津村(近世)


福岡県>椎田町

 江戸期〜明治22年の村名。築城郡のうち。小倉藩領。八田手永に属す。村高は,「正保国絵図」490石余,「元禄国絵図」486石余,「天保郷帳」819石余,「旧高旧領」770石余。元和8年の家数50・人数88,牛17・馬5(人畜改帳)。元禄7年当地を訪れた貝原益軒は「宇留布津と云所,椎田の少し北にあり。筑城郡の海辺なり。城あと有。是黒田孝高の天正十四年せめ落し給ふ城也」と記している(豊国紀行)。神社に須佐神社,寺院に宝積寺・専広寺がある。明治9年宝積寺を仮用して椎田小学校宇留津分校が開設,同12年宇留津橋ケ下に移転して宇留津小学校となる。同22年八津田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438679
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ