ケータイ辞書JLogosロゴ 大坂村(近世)


福岡県>犀川町

 江戸期〜明治22年の村名。仲津郡のうち。小倉藩領。長井手永に属す。村高は,「正保国絵図」370石余,「元禄国絵図」390石余,「天保郷帳」526石余,「旧高旧領」554石余。元和8年の家数12・人数14(男8・女6),牛2・馬1(人畜改帳)。享保飢饉の餓死者は164人(開善寺過去帳)。江戸初期京都【みやこ】郡の七曲峠が開通してから次第に交通量が減少。字宮山に飯岳神社(飯岳権現宮)があり,伊弉諾・伊弉冉および藤原広嗣を祀る。広嗣の三杯湯の伝説がある(京都郡誌)。字寺上の曹洞宗竜沢山興聖寺は永正年間豊後国東【くにさき】泉福寺の無中鑑和尚の開基という。慶応3年頃香春【かわら】藩士29家が村内に入居(県史料叢書)。明治3年の戸数74・人口316(男156・女160)。同18年の地積は田38町余・畑5町余・宅地2町余(京都郡誌)。明治7年小学校設立,教員森栄司,生徒は男のみ21。のち大村小学校大坂分校となり,生徒数は男31・女2。同22年西犀川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438848
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ