ケータイ辞書JLogosロゴ 大村(近世)


福岡県>犀川町

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国仲津郡のうち。小倉藩領。長井手永に属す。村高は,「正保国絵図」310石余,「元禄国絵図」323石余,「天保郷帳」469石余,「旧高旧領」482石余。細川氏時代は蔵納分・3藩士知行地・惣庄屋大村次左衛門の相給で,元和8年の家数64・人数108(男57・女51),牛17・馬9,惣庄屋のほか鍛冶がいた(人畜改帳)。享保飢饉の餓死者は73人(開善寺過去帳)。字若一王子に三諸神社があり,祭神は大綾津日神・大山咋神。字寺口に宇都宮神社(祭神粟田関白道兼)がある。また同所に曹洞宗紫雲山瑞竜寺があり,もと飯岳山西安寺と称していたが宝暦年間改称したという。享保飢饉での餓死者名を記した過去帳がある。字上屋敷に真宗本願寺派の観蔵寺がある。字ヤシキタには宝福庵,字立屋敷に地蔵堂がある。慶応3年香春【かわら】藩士8家が村内に入居(県史料叢書)。明治3年の戸数42・人口176(男93・女83)。同18年の地積は田31町余・畑4町余・宅地3町余(京都郡誌)。明治10年代字屋敷に育才小学校があり,生徒は前期には男119・女14,後期には男82・女16(京都郡誌)。同19年には当村のほか柳瀬・山鹿・谷口・木山など8か村の児童が通学。同22年西犀川【にしさいがわ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7438929
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ