ケータイ辞書JLogosロゴ 尾崎村(近世)


福岡県>遠賀町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国遠賀郡(寛文4年御牧【みまき】郡が改称)のうち。慶長年間,鬼津村から分村したといい(遠賀町地名考),以後は同村の枝郷として見える(元禄郷帳・天保郷帳)。福岡藩領。虫生津【むしようづ】触に属す。集落は,本村・蟹喰・友田・白草・高山・城ノ越。蟹喰は,神功皇后の兵士の弁当が蟹に喰われたという伝説によるという(遠賀村誌)。また,高山は神山の意味によるといい,城の越は上の越・城の腰とも称された(遠賀町地名考)。文化5年新川が開削される。橋梁は14か所,灌漑用池は8か所(地理全誌)。鎮守は牟田神社,ほかに愛岳神社がある。明治初期の戸数100・人口537(男253・女284),牛62・馬35,田95町余・畑22町余・大縄田畑3町余・山林7町余,物産は紙・生蝋・蝋燭,正租は米・大豆429石,雑税は米・大豆12石と金6円余(同前)。明治22年島門【しまと】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439012
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ