ケータイ辞書JLogosロゴ 小島村(中世)


福岡県>筑後市

 戦国期に見える村名。筑後国下妻郡のうち。天正12年8月,豊後の大友義統の家臣である筑前立花城主戸次道雪と同国宝満城主高橋紹運は,佐賀の竜造寺方に属する筑後黒木の猫尾城攻略に参加したが,9月3日の道雪書状によれば,8月28日猫尾より転進し西牟田・折地・小島・水田・柳川など竜造寺氏の領地を侵した(薦野家譜/大日料11-8)。なお,文禄4年12月1日豊臣秀吉が立花宗茂領として確定した領地の中に,小島村は134石4斗7升とある(立花文書/県史資料4)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439016
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ