ケータイ辞書JLogosロゴ 鬼津(中世)


福岡県>遠賀町

 南北朝期に見える地名。筑前国御牧【みまき】郡(遠賀郡)のうち。正平16年,南朝方の菊池武光は北朝方の少弐頼国・冬資や大友氏時らを筑前長島山・油山,青柳に攻め,打ち破った。この間,肥前彼杵荘の住人深堀五郎左衛門尉時勝も菊池方に従って参戦した。同人の同年9月日の軍忠状によれば,時勝らは,葦屋・鬼津以下の諸陣に従った(深堀記録証文/大日料6‐23)。なお,天正年間の「指出前之帳」によれば,鬼津村(若松村を含む)の地積・分米は,田61町余・622石余,畠47町余・157石余,合計108町余・779石余。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439068
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ