ケータイ辞書JLogosロゴ 勝浦村(近世)


福岡県>津屋崎町

 江戸期〜明治22年の村名。宗像郡のうち。福岡藩領。農村部は勝浦触,浦部は箱崎触に属す。枝村に山添・塩江・松原口・勝浦浜・東・西の各村があり,「天保郷帳」では当村枝郷として松原口村が見えて別に村高が付されている。村高は,「慶長国絵図」1,241石余,「正保郷帳」1,392石余(田979石余・畑412石余),「元禄国絵図」1,392石余,「天保郷帳」1,411石余,ほかに松原口村1,001石余,「旧高旧領」1,427石余。農村部は永島家が大庄屋を世襲,浦部は宗像七浦の1つで,浦庄屋(弁指)が置かれた。隣接する津屋崎浦と漁場をめぐって争い,寛永17年には津屋崎浦庄屋以下6人が斬罪されるに至った。のちに松原を境とすることで決着がついたが,当浜の漁場は削減となった(続風土記拾遺)。寛文11年に干潟を埋め立てて新田86町余を開墾した。寛文8年には池塘(現牟田池)が築かれた。郡内総鎮守の宗像神社の氏子で,天保14年略御祓配分覚帳や略御祓御初穂神納帳(宗像家文書)では,村・浦あわせて301体の御札を受け,各々米1俵と銀45匁,米1升5合と銭314文を神納している。神社は年毛大明神・勝浦岳大明神・空閑大明神・若宮大明神・縫殿大明神・酒田大明神,寺院は真言宗大悲王院末の桂岳山円通寺,臨済宗崇福寺末の光明山照月庵,浄土宗知恩院末の本覚山大乗院。明治6年の戸数は村358,浦115,人口は村1,896(男930・女966),浦507(男260・女247),耕地は田77町余・新田1町余・畑37町余・新畑3反余・大縄田畑102町余,田は晩稲・麦・菜種,畑は麦・菜種・ソバ・大豆などを作り,正税は米・大豆1,058石余と口米2石,雑税は米・大豆31石余と金6円余,塩場税98石余(地理全誌)。同22年市制町村制施行による勝浦村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439231
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ