ケータイ辞書JLogosロゴ 上伊良原村(近世)


福岡県>犀川町

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国仲津郡のうち。小倉藩領。節丸手永に属す。村高は,「正保国絵図」330石余,「元禄国絵図」357石余,「天保郷帳」492石余,「旧高旧領」501石余。細川氏時代は御蔵納・5藩士および彦山座主上り地の相給で,元和8年の家数131・人数341(男190・女151),牛19・馬14(人畜改帳)。享保の飢饉の餓死者は173人(開善寺過去帳)。字向田には造化三神を祀る高木神社がある。もと英彦山の大行事社で,豊臣秀吉の神領没収以後は氏神として尊崇された。通称藤の宮ともいう。永享3年・元和2年彦山座主寄進の額などがある。仏寺は字柿尾に弘法堂がある(京都郡誌)。また天明年間の寺院聚録では「無量山法性寺,廃壊,同地蔵堂,観音堂」などとある。山村であるため山畑や狩猟などで生計を立てるものが多く,同姓集住の傾向があった。仲津郡節丸村の勢島二作は,安政〜慶応年間字原浦上り山に杉木15万本を植林したが,廃藩後官有林になった(京都郡誌)。明治3年の戸数96・人口468(男249・女219)。同18年の地積は田20町余・畑11町余・宅地2町余(同前)。小学校は明治5年仏堂を借りて設立,同7年の教員勢島彦次郎,生徒数は男31・女4であったが,同年下伊良原小学校に合併。同22年伊良原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439372
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ