ケータイ辞書JLogosロゴ 上伊良原(近代)


福岡県>犀川町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ伊良原村,昭和31年からは犀川【さいがわ】町の大字。明治22年の戸数102・人口571,地積は田29町・畑11町・山林68町・雑種地226町など合計339町。大正8年県道の改修が完成,同12年犀川駅,同15年行橋駅との間に定期バスが運行を開始。同年電灯点灯。大正10年一部の山林所有者は国を相手に国有林返還訴訟を起こしたが敗訴した(郷土誌伊良原)。水田面積が少なく,昭和期も多くは林業で生計を立てた。山林は第2次大戦中濫伐にあったが戦後は植林に努め,椎茸・里芋・大豆・菊花の栽培などで活路を開こうとしている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439373
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ